やる夫的ネット私事録

ネットの出来事(ニュース含む)について、やる夫達が、雑談しますお

RTは、慎重にやった方が、イイという話。

タイトル通りのことなんですけど、Twitterでの、RTについて、書いておきます。

<参考>

Twitter Help Center | FAQs about Retweets (RT)

一般人ならともかくとして、ジャーナリストがこんなこと口にしちゃいかんでしょ。

togetter.com

(※今回は雁屋氏の事は、言及しません)

f:id:sthya:20150524210518j:plain

 上記にある通り、[引用]事前に判断するのは、プロだって難しいのは[引用終]誰でも、解ることですが、重要なのは、それを発信するかどうかの判断能力で、慎重にやるのが当然なんじゃないでしょうか?

f:id:sthya:20150524210838j:plain

 Twitterの、拡散力を軽く見ているとしか思えません。

1回でもやらかしたら、それは誰かの目にうつることになります。

f:id:sthya:20150524211058j:plain

ジャーナリストとあろうが、すべての専門家なみの知識実務処理能力を持てないのは解るんですけど、初期段階で、フェルターぐらい用意しておくべきではないでしょうか?[引用]構造上不可避[引用終]では、ないような気がします。

もちろん完璧はありえないと思いますが…

f:id:sthya:20150524211632j:plain

理解はします。が・・・苦しい言い訳にしか感じられません。

私、震災時、東京にいたのですが、氏のツイートで、岩手の状況が解ったのは嬉しかったし、ありがたかったのも事実です。また、情報の呼吸法 (アイデアインク)は、面白かったし、私個人は、現段階でも役に立っていると考えます。

きっこちきりん両氏よりは、よっぽどまともだと思いますので、今後に期待したいでないとずっと、天ぷら騎士団のままだと考える。

そして、私もニュースを本ブログで扱っているので、以下のツイートには、十分に刻みたい。

f:id:sthya:20150524213340j:plain

そして、22日には、こんな事があったので、RTは慎重にならざるをえない。

togetter.com

最後に、もう一度RTは、慎重に。

<本ブログ関連エントリー

yaruyaranewsetc.hatenablog.com

情報の呼吸法 (アイデアインク)

情報の呼吸法 (アイデアインク)