やる夫的ネット私事録

ネットの出来事(ニュース含む)について、やる夫達が、雑談しますお

移民と移住についてだお。

南アフリカ 移民の店への襲撃相次ぐ NHKニュース より

自動車修理工場が襲撃され、商品がすべて略奪されたというナイジェリア人の男性はNHKの取材に対して、「懸命に働いていただけなのにすべて持って行かれた」

地元では黒人の住民数十人が朝から集まっていて、「移民は出て行け」などと興奮した様子で外国人排斥を訴えていました。

全文は下記URL
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150419/k10010053391000.html

南アフリカ 外国人襲撃相次ぎ5000人超避難 NHKニュース より

南アフリカでは主要都市のダーバンやヨハネスブルクを中心に外国人の排斥を訴える地元の住民がアフリカの国々からの移民を襲ったり外国人が経営する商店を襲撃して略奪したりする事件を相次いで起こしていて、一部で外国人と衝突するなど混乱が続いています。

これまでに5000人以上の外国人が警察が管理する場所などに避難を余儀なくされています。

全文は下記URL
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150420/k10010054151000.htm

フランス:人種差別対策130億円かけネット監視機関創設 - 毎日新聞 より

【パリ宮川裕章】1月のシャルリーエブド紙襲撃事件などの影響で、フランスでイスラム系移民やユダヤ教徒への差別意識が高まっていることを受け、バルス仏首相は17日、人種差別的な発言やインターネット上の書き込みなどの取り締まりを強化する方針を明らかにした。

総額1億ユーロ(約130億円)をかけ、新たなネット監視機関を創設するとともに、学校現場で移民やユダヤ人迫害の歴史関連施設の見学などを義務化する。

インターネット上の差別的な書き込みを監視し、削除する機関はあったが、書き込んだ個人を特定し、追跡する専門機関を新たに設ける。仏議会では現在、最新技術による通信傍受を含んだ情報収集法案を審議中で、表現の自由や個人情報の保護という観点から反対意見もある。だがバルス首相は「ネット上の無策は終わりだ」と述べ、差別監視の大幅な強化を示唆した。

全文は下記URL
http://mainichi.jp/select/news/20150419k0000m030038000c.html

f:id:sthya:20150420100912j:plain

<本ブログ参考エントリー>

yaruyaranewsetc.hatenablog.com

f:id:sthya:20150420100959j:plain

f:id:sthya:20150420101024j:plain

<中の人より>
日本人が、日本国内に移住しても、失敗する人もいるわけですので、国外なら尚更でしょうね。武器所持の国なら、命の危険もあるわけですよ。