やる夫的ネット私事録

ネットの出来事(ニュース含む)について、やる夫達が、雑談しますお

第189回 通常国会 2015年 No1


通常国会召集 各党の反応は NHKニュース

(※引用の要約)
自民党 谷垣幹事長
今年度の補正予算案を1日も早く成立させ、新年度・平成27年度予算案を年度内に成立させることを目標としている。
集団的自衛権の行使を可能にする安全保障法制の整備などもあるので、丁寧な国会対応をし、国民によく理解してもらえるような国会にしなければならない。

民主党 高木国会対策委員長
衆議院選挙後、初の論戦の場、山積する内外の諸課題に正面から取り組み、国民の信託に応えていく決意。
政府・与党の圧倒的多数という勢力状況は変わっていない、国会をしっかりとした議論の場にするためには、野党協力が非常に大事

公明党 山口代表
今回の通常国会は、昨年の衆議院選挙を受けて臨む重要な国会。
国民生活の現状を鑑みて緊急に対応すべき今年度の補正予算案からの議論

維新の党 江田代表
この国会は、150日間の会期にとどまらず、延長されるべき状況なので、『維新の党ここにあり』という政策の旗印を掲げて、安倍政権に論戦を挑んでいく。大きな柱は、身を切る改革
本格的な景気回復のためには、既得権益と戦わなければならず、われわれしかできない改革で論戦を交わしていきたい

共産党 志位委員長
国会で最大の対決法案となるのが、集団的自衛権の行使を具体化する法案、党の総力を挙げてたたかい抜く決意
安倍総理大臣は、岩盤規制を打破するとして、雇用や農協、医療などの分野で法案を提出しようとしているが、破壊されるのは国民の暮らしであり、これを許さないたたかいに、全力で取り組む

次世代の党 平沼党首
今国会は、集団的自衛権やそれに関連する法案、憲法改正など、いろいろな懸案事項がある。次世代の党は、国家国民にとって必要なことには断固、賛成していく。野党だからといって、与党が言うあらゆるものに反対するのではなく、是々非々の立場で臨んでいきたい

社民党 吉田党首
これからの国の命運を左右する極めて重要な国会だ。予算案は、社会保障制度の改悪や防衛費の増額など、多くの問題点をはらんでおり、ほかの野党と協力して修正を要求したい
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定は、日本を平和国家から軍事国家に転換するものであり、撤回を求めて努力

生活の党と山本太郎となかまたち 小沢代表
きょうから通常国会が始まり、われわれは、議員として、政党として、その責務を果たしていかなければならない。ことしは、いろいろな波乱の芽が、政治、経済の両方に起きると思うので、ほかの政党とも力を合わせながら、発言の機会を作って、国会で役割を果たしていきたい

日本を元気にする会 松田代表
きょうから始まる通常国会は、党として初めての国会だ。予算案や、集団的自衛権に関連する法案など、多くの政策課題が議論されるが、われわれの基本政策や理念を国民に伝えていくことが重要

全文は下記URL
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150126/k10014973821000.html

f:id:sthya:20150126200222j:plain

f:id:sthya:20150126200345j:plain

アベノミクスの第三の矢…

そして、現在進行しているISISの邦人拘束問題

近隣諸国との安全保障の問題…

国民としては、注視していかないといけません。