やる夫的ネット私事録

ネットの出来事(ニュース含む)について、やる夫達が、雑談しますお

2015年 ダボス会議 (3)※追記

【本ブログエントリー】

2015年 ダボス会議(1)※ - やるやらNEWSetc

2015年 ダボス会議 (2) - やるやらNEWSetc


中国経済「ことしも下向き圧力加わる可能性」 NHKニュース より

中国の李克強首相は、21日、世界経済フォーラムの年次総会、「ダボス会議」で講演し、減速が懸念されている中国経済について、「ことしも下向きの圧力が加わる可能性がある」と述べ、成長率の伸びがさらに鈍るおそれがあるという見通しを示しました。
(略)
「中国の経済成長の速度が緩やかになっているのは、世界経済が調整していることを示すものだ」と述べ、世界経済の減速の影響を受けて輸出が鈍った結果だという考えを示しました。
そのうえで、李首相は中国経済の見通しについて、「ことしも下向きの圧力が加わる可能性がある」と述べ、去年、24年ぶりの低い水準となったGDP=国内総生産の伸び率がことしはさらに鈍るおそれがあるという認識を示しました。

全文は下記URL
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150122/k10014871631000.html

<参考:『世界経済のネタ帳』より>

f:id:sthya:20150122204520j:plain

URL
http://ecodb.net/country/CN/imf_gdp.html

f:id:sthya:20150122210006j:plain


中国経済、今年も減速…李首相がダボスで見通し : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より

(一部抜粋)

李首相は、日本を念頭に、「今年は反ファシスト戦争勝利70年。第2次大戦後の世界秩序は覆されてはならない」と語った。

全文は下記URL
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150122-OYT1T50040.html

f:id:sthya:20150122210025j:plain


伊首相 欧州中央銀の量的緩和を期待 NHKニュース  より

イタリアのレンツィ首相は21日、スイスで開かれている世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」で、「ヨーロッパ中央銀行が新たな方向性を発信してくれる可能性もある」と述べ、ヨーロッパ中央銀行が各国の国債など幅広い資産を買い入れる量的緩和を導入することに期待感を示しました。
(略)
ヨーロッパの経済状況について、「正しい方向を向いていない。ヨーロッパの意識が財政規律から成長へと変わるときだ」と述べ、各国の政策の軸足を財政緊縮策から、成長を重視した政策に移すべきだという考えを示しました。
そのうえで、レンツィ首相は、中央銀行の独立性を尊重するとしながらも、「ヨーロッパ中央銀行が新たな方向性を発信してくれる可能性もある」と述べ、ヨーロッパ中央銀行が各国の国債など幅広い資産を買い入れる、量的緩和を導入することに期待感を示しました。

全文は下記URL
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150122/k10014871501000.html


ドラギ総裁が背水の陣、ECB量的緩和決定迫る-欧州統合転機 - Bloomberg より

ドラギ総裁が背水の陣、ECB量的緩和決定迫る-欧州統合転機

ブルームバーグ):欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は22日、欧州統合の運命を左右しかねない重大な決断を下す。

同総裁はフランクフルト時間同日午後2時半(日本時間同10時半)ごろに量的緩和(QE)プログラムの方針を表明する見込みで、規模は総額1兆ユーロ(約137兆円)を上回る可能性がある。
(略)
ユーロ圏には失業率や景気低迷の不満が広がり、地域統合は行き過ぎたと主張する政治家の主張に有権者がなびいてしまう恐れもある。

全文は下記URL
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIJZVQ6JIJVA01.html


欧中央銀行 理事会で量的緩和議論へ NHKニュース より

ヨーロッパ中央銀行は22日、単一通貨ユーロの金融政策を決める理事会を開き、原油価格が大幅に下落しユーロ圏がデフレに陥るリスクが高まるなか、各国の国債など幅広い資産を買い入れる量的緩和の導入に踏み切る方針を決めるかどうかが焦点となります。
(略)
原油価格の大幅な下落で先月の消費者物価指数が5年2か月ぶりにマイナスとなり、デフレへの懸念が一段と強まっています。
また、今月25日に実施されるギリシャの議会選挙の結果しだいでは、金融市場が混乱するおそれも出ています。
ヨーロッパ中央銀行は22日、定例の理事会を開き、ユーロ圏の景気を下支えするため各国の国債など幅広い資産を買い入れる量的緩和の導入について議論します。
(略)
ヨーロッパ中央銀行が今回、経済状況を踏まえて量的緩和の導入に踏み切る方針を決めるという見方が強まっていて、日本時間の22日夜に発表される理事会の議論の結果が注目されます。

全文は下記URL
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150122/k10014889231000.html

f:id:sthya:20150122211041j:plain

f:id:sthya:20150122211058j:plain

ヨーロッパがバラバラになる危険性が孕んでいるかも(震え声)……

*追記 2015/01/23


ECBが量的緩和決定、景気支援・デフレ回避へ1兆ユーロの支援策 | Reuters より

[フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は22日、国債買い入れ型の量的緩和(QE)実施を決定した。買い入れは月額600億ユーロのペースで3月に開始、2016年9月末まで継続する。景気支援とデフレ回避に向け、残された最後の主要金融政策の実施に踏み込む。
買い入れ額には既存のプログラムも含まれる。民間資産の買い入れと銀行への数千億ユーロの低利融資に加え、国債買い入れを実施するとした。

(略)
国債買い入れは、各国中銀のECBへの出資割合に応じて行われる。ドイツのような経済規模の大きい国の方がアイルランドなど小規模な国より国債の買い入れ額が大きくなる。
(略)
エコノミストは、買い入れの20%のみがECBの責任になるとしたドラギ総裁の説明に注目している。つまりユーロ圏諸国の国債がデフォルト(債務不履行)した場合、損失の多くは各国中銀の負担となる。
 
この点についてはユーロ圏の結束の原則に反し、高水準の債務を抱える国の財政をさらに圧迫する可能性があるとの批判が上がっている。
(略)
ドラギ総裁はECBに「プランB」はあるかと問われ、「われわれは『プランA』を提示した。『プランA』があるだけだ」と答えた。

全文は下記URL
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0KV1E520150122?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0


ドラギ総裁:「ユーロ圏QE」時代開く-少なくとも148兆円 - Bloomberg より

(一部抜粋)

停滞状態の域内経済を立て直すため、ECBは米当局に遅れること6年でQEに踏み切った。しかも米当局は3カ月前に国債購入を終了している。ECBによるQEの効果がドイツからの反発の脅威を上回るかどうかは賭けだ。

ブラックストーン・グループのスティーブン・シュワルツマン会長は「ドラギ総裁が取ったこのようなアプローチは、もっとずっと前に採用されるべきだったとも言える」と述べた上で、「正しいことをするのに遅過ぎるということはない」と付け加えた。

全文は下記URL
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIL0QK6JIJV901.html

<参考>

ブラックストーン・グループ - Wikipedia

f:id:sthya:20150123095808j:plain

f:id:sthya:20150123095823j:plain

一時的猶予期間にならないことを祈ります。