やる夫的ネット私事録

ネットの出来事(ニュース含む)について、やる夫達が、雑談しますお

ISIL 邦人二人を拘束!!(2)

 イスラム国 邦人二人を拘束!!(1) ※追記修正あります。 - やるやらNEWSetc

【政府省庁の動き】


平成27年1月20日 内外記者会見 | 平成27年 | 総理の演説・記者会見など | 記者会見 | 首相官邸ホームページ より

(一部抜粋)
人命を盾に取って脅迫することは、許し難いテロ行為であり、強い憤りを覚えます。2人の日本人に危害を加えないよう、そして、直ちに解放するよう、強く要求します。政府全体として、人命尊重の観点から、対応に万全を期すよう指示したところです。
  今後も、国際社会と連携し、地域の平和と安定のために、一層貢献していきます。この方針は、揺るぎない方針であり、この方針を変えることはありません。
同行中の中山外務副大臣を、ヨルダンに急きょ派遣して、ヨルダン政府との連携・情報収集に当たらせます。また、現地に残り、現地対策本部の責任者として、対応に当たらせます。松富大使には、現在、イスラエル政府からの情報収集に当たらせています。
私自身、パレスチナアッバース大統領とも、話し合います。急きょ本日の日程を変更し、本件の対応に全力を尽くします。菅官房長官にも、その旨電話で指示をいたしました。
「過激主義」が、国際社会にとって大きな脅威となっています。フランスのテロ事件では、4名のユダヤ人を含む、17名もの方々が犠牲となりました。犠牲となった方々の、そして御家族の皆様に、改めて、心から哀悼の意を表します。
国際社会への重大な脅威となっている過激主義に対し、イスラム社会は、テロとの闘いを続けています。
 その先頭に立つ、ヨルダンのアブドッラー国王陛下に、心から敬意を表する次第であります。日本も、イラクやシリアからの難民支援を始め、非軍事的な分野で、できる限りの貢献を行ってまいります。発表した2億ドルの支援は、地域で家を無くしたり、避難民となっている人たちを救うため、食料や医療サービスを提供するための人道支援です。正に、避難民の方々にとって、最も必要とされている支援であると考えます。
  そもそも、「過激主義」と「イスラム社会」とは、全く別の物であります。このことは、明確に申し上げておかねばなりません。
  「中庸こそ最善である」。この中東の言葉のとおり、この地域は、古来、多様な宗教や人種が共存しながら、悠久の歴史を刻んできました。
  互いを受け入れ、尊重する。「寛容」こそが、この地域の平和と安定、そして、更なる繁栄をもたらす、と信じます。
  中東和平の実現は、今なお未解決の課題であります。今回は、この課題についても、ネタニヤフ首相と率直に話すことができました。

 かつて、杉原千畝という日本の外交官が、自らの心に従い、6000人ものユダヤ人の皆さんに、日本に渡るビザを出しました。長い旅を経てたどり着いた、日本の港町・敦賀では、町を挙げて、皆さんを歓迎したそうであります。
  時代や世の中は変わっても、人々の中にある「寛容」の心だけは、決して変わらない。私はそう信じています。
  そのためにも、貧困などの「争いの芽」を摘み取っていかねばなりません。この地域に、誰もが安心して暮らせる豊かな社会を築き上げる。そのために、日本は、積極的な役割を果たしたいと思います。
  2006年、日本は、「平和と繁栄の回廊」という構想を提唱いたしました。パレスチナ に、農産品の加工団地をつくり、イスラエルパレスチナ、ヨルダン、そして日本が協力して、パレスチナが自立するための基盤をつくろう、という構想であります。
  その建設は、着々と進んでいます。今後、観光資源の開発でも協力を進め、パレスチナの皆さんの経済的な自立を後押ししてまいります。

全文は下記URL
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0120naigai.html

 日仏外相電話会談 | 外務省 より

シリアでの日本人拘束事案を受け,英国を訪問中の岸田文雄外務大臣は,20日19:50(現地時間)から約10分間,ファビウス・フランス外務大臣と電話会談を行いました。

(1)本日早朝,ISILにより,邦人2名の殺害予告動画が配信された。人命を盾にとって脅迫することは許しがたい行為であり,強い憤りを覚えている。
(2)安倍総理が発表した2億ドルの支援は,難民支援を始め,非軍事的な分野でできる限りの貢献を行うためのものであり,そのような努力に対するISILの対応は,ISILの残虐な本質を露呈するものである。
(3)日本はテロに屈することなく,国際社会によるテロとの闘いに貢献していく。
(4)貴国政府からは,事実関係に関する情報収集,当該邦人の早期解放に向けた協力等で御支援をいただきたい。

ファビウス外務大臣からは,日本人2名が人質となったという報に接して驚愕している,一刻も早い事件の解決に向けて仏として日本に全面的に協力する,引き続き緊密に連携していきたいと述べました。

全文は下記URL
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_001674.html


「イスラム国」事実上犯行を認める NHKニュース

(一部抜粋)

NHKの取材に答えた「イスラム国」の広報担当の男は事実上犯行を認め、「あなたたちの政府は身代金を払う」と述べました。
NHKは、イスラム国の広報担当の男に、20日夜(日本時間の21日未明)、インターネット上のメッセージのやり取りで取材を行いました。
この中で広報担当の男は事実上犯行を認め、「金が必要なのではない。『イスラム国』は、この金額より高い金を1日で使っている。経済的な戦いではなく精神的な戦いなのだ」と述べて、資金の獲得だけが目的ではないと主張しました。
そのうえで「あなたたちの政府は金を払う」と繰り返し述べ、日本政府が2人の解放と引き換えに身代金を払うという見方を示しました。
今回の映像が出されてから、イスラム国の関係者が取材に答えたのは初めてで、断続的な1時間ほどのやり取りの中で、男は72時間の期限があることを認めたものの、映像を出したときから72時間だと主張するにとどまり、具体的にいつが期限なのかは明らかにしませんでした。

全文は下記URL
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150121/t10014841051000.html

f:id:sthya:20150121112915j:plain

【米政府】


米政府「人質解放に全面協力」…報道官が声明 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より

【ワシントン=今井隆】米国務省のサキ報道官は20日、イスラム過激派組織「イスラム国」が公開したとみられる映像で日本人男性2人の殺害が予告されていることについて、「米国はイスラム国の脅迫を強く非難する。これらの日本人と他の全ての人質を直ちに解放するよう要求する。米国はこの問題で日本に全面的に協力する」とする声明を発表した。

(以下要約)
ケリー国務長官が岸田外相と電話で会談
アーネスト大統領報道官が、CNNテレビにて「この過激派組織のひどい戦術を示すさらなる証拠だ」と非難、また身代金支払いは、イスラム国に資金獲得のメカニズムを提供し、これを実行し続けることになる 
今回のようなケースでも、身代金を支払わずに解決する方法目指すべきと強調

全文は下記URL
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150121-OYT1T50007.html?from=ytop_main1

f:id:sthya:20150121112938j:plain

数日で、どうこうなる問題ではないと愚考します。